妊活は卵活。加齢に負けない!卵の活性化ができる方法とは?

卵活について

\今なら300人限定モニターキャンペーン中!初月半月2,980円!しかもいつでも解約OK/

>>梅で妊活【ウムリン】<<

 

今注目されている、卵活をご存知ですか?妊活とほぼ意味合いは同じなのですが、卵活は妊活からもう一歩踏み込んだものなのです。。。

卵は老化する!? その事実と向き合ってみる

全ての女性は卵の大もととなる「原子卵胞」を持って生まれてきます。生まれたときにはその数は200万個もあるとされていますが、思春期から生殖年齢になる年齢には2030万個ほどに減ってしまい、さらに年を重ねるとともに減少が続くという事実があります。

また、人は年とともに身体のあらゆる機能が衰えていくものですが、この影響は生殖機能にも及びます。つまり卵においても、原子卵胞の数が減るという数の問題だけでなく、加齢による機能の衰えとともに卵自体の質の低下も起こるということなのです。

年齢を経た卵は、数が残っていたとしても遺伝子の発現や染色体の分離に不具合が起こることが多くなり、全体の細胞の中の異常な細胞の割合が高くなるとされています。

妊活をはじめよう、と思ったときには、まずはこのような卵の状態を知ること、年齢と共に起こる劣化の事実を認識して向き合うことが大切になります。

その上で、多くの方が行うように生活や食事の見直しをして規則正しい生活を行い、身体の冷えを改善し温活するなど、体を整えていくことが推奨されます。

そしてこの妊活の行動は「よい卵を育てる」ことにつながっています。

つまり妊活のベースとなるのは卵の活性化である「卵活」でもあるため、妊活=卵活という風に考える必要があるのです。

 

妊活の基本は「卵活」卵を活性化する!

妊活を行おうとする方は、まず体の調子を整えることを始めると思いますが、実際にはどのような行動がとられているのでしょうか?

例えば妊活サプリなどで体によいとされる栄養分を積極的に摂取するという方は多いと思います。また昔から言われるように女性の冷えはよくないとされているので、ヨガや体操などで身体を温め活性化する方法をとる女性も多いようです。

さらに様々な検査を受けることで妊娠しやすい体づくりを模索している、という場合もあると思います。

すべての行動は妊活につながっていくことになるのですが、究極の意見として「妊娠するためには、卵さえあれば妊娠の可能性がある」ということもまた言えます。

それは現代の医学では他の器官に少々トラブルがあったとしても、解決できる方法は多くあり、その技術も日々進化しているという背景があります。ですので、根本的な妊娠するためのポイントは卵、卵の状態こそが妊娠する、しないの結果に大きく関与してくるというわけです。

そういったことから考えても妊活のポイントは卵活、妊活の基本は卵活ということを念頭に置くことが勧められます。

 

卵子凍結保存は卵活のひとつ

「卵活」という言葉から思い起こすものに「卵子凍結保存」というものもあると思います。最近ではよく耳にすることも多くなりましたが、システム自体は10年以上前からあり一部の施設で行われていました。卵子凍結保存は年齢の若いうちに卵子を取り出して冷凍保存しておく方法で、これも卵活のひとつではあります。

将来的に妊娠、出産を考えている人、例えばキャリアにブランクをつくりたくないが、子どもをもつことを希望している女性や、現状では子育てが難しい環境にある人などにこのシステムは注目されているようで、実際にサービスは稼働しています。

ただし卵子凍結保存のコストの問題は大きく、診断から凍結保管まででも6080万円程はかかるようです。関係団体ではキャンペーンなども行い34歳以下の人は費用が割引になるといったサービスも行われているようですが、それでも高額なことには変わりないですし、また凍結保管も年数をおく毎に保管費用も発生します。さらにはその卵を受精させるためにも数十万単位の費用の負担は避けられません。

また卵子凍結保存は必ず成功するわけでもなく、全くリスクがないというわけではありませんので、確実な手段でないことは認識しておきましょう。

様々な理由から選択肢のひとつとして卵子凍結という方法も候補にはあるわけですが、そもそも現状で妊娠、出産できる状況にある方には必要がない方法でもあります。

 

具体的な卵活の方法はどうするの?

卵活の基本はやはり「体を整えること」になるかと思います。

低体温になってしまうと卵巣や子宮をはじめ体の機能が衰えてしまうので、冷えることは妊活にもよい影響はありません。まずは生活環境を整えること、また適度な運動をして筋力も保ち体の活性化をめざすことが大切です。

手軽に始められるウォーキングやヨガなど無理なくできる運動から取り入れてみるのもよいと思います。

また妊娠しやすい体づくりのため推奨されている栄養素、亜鉛や鉄分、基本のビタミンをはじめ、厚生省推奨の葉酸もしっかりとプラスしていきましょう。

葉酸は卵の活性化に直接影響するというよりは、生まれてくる赤ちゃんの健康のため勧められている成分です。最近ではサプリメントも登場していますのでうまく活用をしていきましょう。またサプリの種類によっては、葉酸と一緒に冷え対策が行える成分を配合したものもありますので、とても効率的です。ぜひチェックしてみてください。

 

今なら、継続購入のしばりなし!でお得に購入キャンペーン実施中!
>>妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】<<

 

サプリメントで卵活ができる?

卵活=妊活というポイントを抑えて考えてみると、一般的に行われているヨガや体操も冷えない体づくりのため、生活改善も妊娠しやすい体の土台づくりという範囲の活動ではありますが、ダイレクトに卵活に結び付くわけではありません。

また妊活サプリとして販売されているものの多くは、直接卵に対して効果を及ぼすものではなく、妊娠を誘発するという効果があるわけではないものがほとんどです。

しかしその中でも、卵に深く関係する細胞に対して作用が認められたウムリンというサプリメントが注目されています。

作用についての詳しい説明はこちら→>>ウムリン公式サイト<<

 

ウムリンは学会でもその研究結果が発表され、不妊治療に対して高い信頼性を帯びており、世界唯一の卵活サプリともいえるものです。

様々な方法が選択できるようになった現代ですが、妊活の基本は卵活!というポイントを抑えて選択すると、卵に直接的に作用するウムリンは妊娠への最短の方法としてかなりおすすめできます。

卵子凍結法の選択や生活改善での妊活だけでは、希望するような妊娠、出産が難しいと感じている方は、根本的な「卵活」、卵の質を上げる方法のひとつとしてウムリンを視野にいれてみると選択肢が広がりますし、実際に3040代の女性でも妊娠した実例がたくさん掲載されていますので、参考にされてみるのも良いと思います。

\今なら300人限定モニターキャンペーン中!初月半月2,980円!しかもいつでも解約OK/

>>梅で妊活【ウムリン】<<

 

コメント